読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてな広報ブログ

株式会社はてなの広報ブログです。ウェブサイト「はてな」の話題やイベント情報、サービス開発の裏話など多彩な情報をお伝えします。

はてブをチェックする新たな切り口!ご当地エントリーが浮き上がってくる「地域別エントリー」登場!

サービス r_kurain secondlife reikon

f:id:hatenapr:20091027170536p:image:w250:right日本せましといえど47都道府県それぞれに個性があって、ネットでも毎日、各地の様々な事件やイベントなどのニュースが賑わっています。
そんな「地域」ごとにエントリーを分類し、都道府県別に話題のエントリーを一覧することができる「地域別エントリー」がはてなブックマークから登場しました。
名付けて「ご当地エントリー機能」!(勝手に命名)・・・パチパチパチ。
地域別エントリー機能をリリース / 秋の特産品欲しい!キャンペーン開始 - はてなブックマーク日記 - 機能変更、お知らせなど

はてブの新たな切り口「地域」から浮かび上がってくる面白さ

今回の「地域別エントリー」が生まれたきっかけについて、id:secondlife(写真左)は、
はてなブックマークは現状のカテゴリーやユーザーが付けたタグなど様々な角度から情報を見てもらえますが、地域という視点からも情報を分類して表示させれば面白くなるのでは、と考えたのがきっかけです」
と語っています。
f:id:hatenapr:20091027165843j:image:w250:right「日々ネットに発信されるニュースには、単に『○○が起こった』という事件だけでなく、例えば沖縄の基地問題のようにある地域にスポットが当たった話題や、京都の祇園祭などのイベント、ご当地ものが取り上げられたエントリーなど、地域性の高い話題がたくさんありますよね。それらをうまく抽出することで、カテゴリー分けとはまた違った切り口ではてなブックマークを楽しんでいただけるかな、と思います」
なるほど、さっそく「地域別エントリー」ページから各地のエントリーを見てみると・・・

大量のテキストデータから都道府県別エントリーを抽出。精度アップに苦労

f:id:hatenapr:20091027164439p:image:w250:rightさて、今回の「地域別エントリー」ですが、膨大なブックマークエントリーからどのように都道府県別に分類表示しているのでしょうか。
実装を担当したエンジニアのid:r_kurain(写真右)は、
「全国各地の都道府県市町村や地域の名称、学校などの施設名などのデータを用いてブックマークされたエントリーのテキストを検索し、関連する都道府県を判定しています。例えば地名と同じ名字の有名人がその土地のエントリーとしてヒットしないよう調整したり、『甲子園』と名が付いていても開催地が異なるケースに対応するなど、検索精度を高めるためのチューニングが大変でした」
と、開発の苦労を振り返っています。

こんな風に、独自技術で新たなはてブの面白さを切り開いた「地域別エントリー」ですが、開発者みずから実感した楽しみ方があるといいます。
「デフォルトでは3usersからのエントリーが表示されますが、各地域のページ上部の『フィルタ』を『なし』にすれば、ちょっとノイズは増えるものの、もっとレアな地域情報が垣間みれて面白いです。地方紙って普段なかなか見ませんが、実は結構ブックマークされています」(id:r_kurain)。
「気になる地域のページをRSSとかアンテナに入れると、いつでもご当地情報が楽しめます。トップページの右サイドバーに地域別エントリーのコーナーが新設されたので、その時々のホットなエントリーはここでチェックしてもらえます」(id:secondlife)。

なるほど、トップページ右下の新設コーナーも要チェックですね。
しかしこうなってくると欲しくなるのは「世界のご当地エントリー」機能ですよね!それについては「今は未定です」(はてブチーム)とのこと。期待したいと思います!

ライフネット生命PRESENTS「秋の特産品欲しい!キャンペーン」も開催(11/8まで)

f:id:hatenapr:20091027164441p:image:w250:right今回の「はてなブックマーク地域別エントリー」のリリースを記念してはてなでは、ライフネット生命保険の提供で、自分の好きな都道府県ページをブックマークするだけで抽選で10名様に地方の特産品が当たるキャンペーンが始まっています。

ブックマークするだけで特産品が当たるチャンスですので、ぜひこの機会にご応募ください!

ちなみになぜ「地域別エントリー」×ライフネット生命なのかというと、

昨年5月の開業以来、全都道府県からお申し込みをいただいておりますが、全国の方にもっと知ってもらう機会をつくりたい、そのためには“地方”というきずなをネット上で広げることが大事だ、という想いから、今回の取り組みが実現することになりました。なお、ライフネット生命保険様のウェブサイト上でも都道府県ごとのバーチャル支店を開設し、各都道府県ごとの申込者数を公開するなどの活動を開始しています。

とのことです。ネットの生命保険会社というイメージですが、地域を大事にしていることが分かりますね。はてなでもライフネット生命を応援しています。

キャンペーンについて詳しくは、秋の特産品欲しい!キャンペーン」ページをご覧ください。

ついついのぞいてみたくなるご当地エントリー満載の「地域別エントリー」、これからご贔屓にお願いします!