読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてな広報ブログ

株式会社はてなの広報ブログです。ウェブサイト「はてな」の話題やイベント情報、サービス開発の裏話など多彩な情報をお伝えします。

立命館大学情報理工学部企業連携講座 講義レポート「インターネットの今とその技術」(はてなCTO/伊藤直也 id:naoya)

naoya tomomii イベント

f:id:hatenapr:20091015103104j:image:w250:right10月8日(金)、弊社CTOの伊藤直也(id:naoya)が同大学情報理工学部生を対象とした「企業連携講座」の講師を担当しました。今回の広報ブログでは「インターネットの今とその技術」と題しておこなわれた90分にわたる講義内容とその風景を、同行しました人事担当のid:tomomiiよりご紹介します。

講義前の一コマ

京都本社から小一時間ほどかけて滋賀県は草津市にある立命館大学に向かいました。 
広大で緑豊かなBKCキャンパス・クリエーションコアに到着。このようなのびのびした環境の中で学業研究に没頭できる学生皆さんは幸せですね。
本講座担当教員 情報理工学部情報システム学科教授 國枝義敏先生へのご挨拶を終えた後、講義室に入りました。
2回生を主対象とした受講登録者数70名弱の講座とお伺いしましたが、一見したところそれ以上の学生さんにお越しいただいたのではないでしょうか。学科内では「この時間はid:naoyaの講義を聴きにいきましょう」というゼミがあったり、3回生の学生さんで「この講座は受講していないが前からはてなに興味があって聴きにきました」という方もいらっしゃいました。
ちなみに余談ですが、id:naoyaは今まで多数の講演経験のおかげか、大人数を前にしてもまったく緊張しないそうです。
さあ、講義開始です。
f:id:hatenapr:20091015103106j:image:w400

「インターネットの今とその技術」

「皆さんは数学好きですか?僕は学生時代本当に苦手で。でも最近になって結構数学には親しんでいるんですよ」そんなエピソードを交えながら、以下の流れで科学や数学を学ぶことの重要性について語られました。

  • はてなの紹介
    • はてなのサービスやコンセプト、オフィス環境、勉強会風景や本棚等を写真やスクリーンショットをお見せしながら紹介しました
  • 成功したインターネットサービス
    • 今世界で成功しているインターネットサービス企業の事例紹介とそれぞれの技術について。成功しているどの会社もソフトウェアで世界を変えており、大規模ウェブアプリケーションを運用するための技術を重要視している企業ばかりです

f:id:hatenapr:20091015103108j:image:w400

  • はてなの裏側
    • 大規模ウェブアプリケ—ションを運用するためのデータセンターやサーバ周りについて紹介。普段学生皆さんの目に触れることが少ないワンシーンをお見せしました
  • インターネットとチープ革命
    • 「大規模なウェブアプリケーションを作るのって難しそう…いや、そんなことないよ!」インターネットサービスをはじめるだけなら簡単なのですよ、というリアルな現状をムーアの法則に添ってお話しました
    • ウェブのサービス運営は「ソフト」「ハード」「人=知識・技術」の3本軸で構成。ソフトウェアは無料/ハードウェアも安価。これからは技術と科学が革新性をもたらします

f:id:hatenapr:20091015103107j:image:w400

  • 計算機科学とインターネットサービス
    • GoogleやAmazonのサービスが扱っているような大規模データ処理や私たちが便利に利用している検索技術などを作るためには科学や数学の知識が欠かせません
    • 検索エンジンの表示順位の決定則、お薦め商品の計算方法、スパムフィルタのアルゴリズムなどを数式を交えて解説。史上類を見ないインターネット規模のデータ量と応用数学により新しい体験が生まれています
  • 学生のみなさんへのアドバイス

↓画面をご覧ください
f:id:hatenapr:20091015103109j:image:w400

学生さんとの質疑応答

講義後、全体質疑応答時間にお受けした質問と回答です。

  • 今インターネットの中心地は東京なのになぜ京都に移転したのですか
    • 確かに今インターネットの中心は東京にあって、はてなも昨年の3月までは東京を拠点にサービス運営をしていました。京都はそこそこ都会でのんびりで、大学も多いし世界進出を果たしている企業もあったりして、流行から少し離れつつ研究や開発を集中しておこなえる土地だというのが大きいですかね。
  • はてなはどうやって収益をあげてるんですか
    • はてなの収益は大きく分けると2つあります。課金と広告です。課金は便利で楽しい機能等を有料でユーザさんに提供してお金をいただくもの。広告ははてなのポータルサイト等でも見てもらえると思いますが、他企業さんの広告を掲載することで利益を得るものです。
  • はてなのサービスを作る際に一番大切にしているポリシーは何ですか
    • 情報や人と繋がることで、生活や人生をより知的で楽しくクリエイティブにしていきたい。例えばダイアリーでしたらキーワードや「含むブログ」のような機能で他のユーザさんと繋がれます。はてなブックマークは情報を介してユーザさんのコメントや関心の高い情報に繋がることができます。はてなのサービスは「知的生産ツール」と呼ばれたりします。
  • はてなと他のインターネット企業との大きな違いは何だと思いますか
    • はてなのサービスは知人とか友人の枠を飛び越えた専門家によるコミュニティが形成されやすいなあと思うことがあります。深い時事ネタや社会情勢に精通したユーザさんなどもどんどん活動してくれていますね。今のはてなのサービスは広く情報を発信できる情報公開型で、そういったスタイルを好む方に適した機能があるのが原因でしょうか。

f:id:hatenaall:20091009145034j:image:w400
その他、質疑応答以外の時間にも、プログラミング言語やコーディング、はてなのインターンシップ、はてな(naoya)の業務などに高い関心をいただいた男子学生さんから積極的なご質問やご意見を頂戴しました。
ご清聴くださった皆さま、ありがとうございました!また、國枝義敏先生のご厚意により、講義内容ならびに写真の公開を承諾いただきました。國枝先生のご厚情に深く感謝いたします。


(はてな人事部・平村友美 id:tomomii / 取材のお問い合わせは hatenapr@hatena.ne.jp まで)